smalogue

SMAPについてのあれこれを好きに書いたりするところ。

12月31日という日。

正直なことを言えば、この一年、ろくにスマスマも見れていませんでした。見れていないというか、直視できなかったことが多々あったという感じで…。 1月に報道があり、それから8月の発表、12月26日のスマスマ最終回を迎えるまで、まったく実感がなく、8月以降…

終わりの始まり

一度起きてしまったことは、なかったことになんてならない。やり直しがきくことと、きかないことがある。どれほど頑張っても越えられない壁がある。 SMAPはいつも、これらの常識を打ち破ってくれた。真摯に務めて、腐らなかった。不平不満を言わず、悪口も言…

お久しぶりです。

仕事の繁忙期がピークをすこし過ぎ、やっとこうしてブログを書こうという気持ちになれました。こんにちは。 ここではある日を境に、騒動のことは触れたくないなと思っていましたし、もちろん今もその思いは変わりません。けれど、1ヶ月ほどネットから離れて…

スマイル。

やっぱりね、そんなね、笑ってなくてもさ。 アハハっていう、そんな笑顔ばっかりじゃなくても、 笑ってるってことがわかる。 それがこんなにもつたわる番組があってうれしかった。 彼らがこの仕事を、心の底から大切にしてるっていうことが、 すごくすごく伝…

SMAP×ceroが見せたもの

SMAP×SMAPにceroがやってきた、奇跡の一夜について。

SMAPのいい曲をただ紹介するシリーズ 踊り続けさせてねぇDJ編

本題に行く前に、すこしだけ。 先日のこと。1ヶ月ほど前に書いた以下2つの記事がtwitterでRTされていたようで、鬼のようなアクセス数になっていました。 ふだんtwitterの通知はオフにしているため、夜になるまでまったくそのことに気づいておらず、家に帰っ…

スマスマにceroがやってくる!

オリスタの慎吾くんの記事内で「最近ceroが番組にきてくれて」という文字を見て以来、え?え??え???マジでマジでマジで!?!?とドキドキしていた日々。 そういえばメンバーがこんなツイートしてたんだよ、とか思ったりして。 とんでもねぇ仕事初めだ…

好きなアルバムは?

タイトルに好きなアルバムは?と書いておいて何だけど、SMAPのなかで好きなライブは?と聴かれたら、ちょっと迷うけどドリスマと答える。オープニングの雰囲気はいまの流れをつくったはじまりなんじゃないかなと思うし、今では当たり前になっている途中のジ…

SMAPのいい曲をただ紹介するシリーズ どうしてもRECしなければならなかった日々編

第二回目の「SMAPのいい曲をただ紹介するシリーズ」は、「どうしてもRECしなければならなかった日々編」でお送りいたします。

SMAPのいい曲をただ紹介するシリーズ 中居正広が活きる珠玉のバラード編

第二回目の「SMAPのいい曲をただ紹介するシリーズ」は、「中居正広が活きる珠玉のバラード編」でお送りいたします。

40分ノンストップメドレーを振り返る

2月1日の40分ノンストップメドレー(ディレクターズカット版)を見ての感想などなど。

39歳おめでとう、の日。

慎吾くん39歳のお誕生日に寄せて。

SMAPのいい曲をただ紹介するシリーズ 木村拓哉のやさしい声がステキすぎる楽曲たち編

第一回目の「SMAPのいい曲をただ紹介するシリーズ」は、「木村拓哉のやさしい声がステキすぎる楽曲たち編」でお送りいたします。

KACO's SMAP AID

KACO's SMAP AIDを作ってみた今朝。そのプレイリストをご紹介。 花の話題もすこし。

楽しいだけでいれないときも

SMAPのメンバーがラジオで流した曲に込めた想い。そして中居さんが伝えたかったこと、ちゃんと受け取りました。

SMAPに求めたかったもの

解散報道が出てから約10日。 そしてあの会見からは5日が過ぎた…―。 その人がSMAPに求めたものは、理想か、正義か。 なんてことをゆるゆると。

一夜明けて。

2016年1月18日のSMAP×SMAPから一夜明けて、思ったこと。

「すごく大事に思ってる」

いろんなことがあるね。 毎日めまぐるしい。 流されないように、見ないようにしていても、入ってくる。 気にしない、本人たちの言葉しか信じないって口では言ってるけど、やっぱりどこかで意識してる。 そらもう仕方ないわ。 仕事手につかんほど揺れ動いてし…

それが希望

一晩たち、二晩がすぎて、ちょっといろいろと考えてみたけど、 結局のところ、 やっぱりSMAPってすごいなーってところにしか着地しないってことに気づいた。もうそれだけなんだわ。SMAPが解散するかもってことが、これほどまでにデッカイことになるって、メ…

SMAPがたいせつだということ

SMAPがなくなってしまうなんて、考えたことなかった。 年齢や時代の、のっぴきならない事情ならばまだしも。 SMAPを差し置いたまわりの人たちのもめごとのせいで、なくなってしまうかもしれないなんて。わたしにとってSMAPは、小学生時代からずうっとあって…